ごあいさつ

このたびは、当店ホームページにご訪問いただき、誠にありがとうございます。

弊社「丸益西村屋」は、明治三十八年、初代西村松之助が手描友禅を業として以来100余年間、和装の染色一筋に携わってまいりました。

創業以来、温故知新の精神で一業に専念し、工芸染色の文化継承の精進を重ねてまいりましたが、もっとみなさんに染色の世界を知っていただきたい、そして、心に残る楽しい体験をしていただきたいとの想いから、私共の代になり、本業の染色業に加えて京友禅体験工房を始めさせていただきました。
以来、たくさんのお客様に友禅染を体験していただいております。

体験いただいたお客様が喜んで帰っていかれる様子を見るたびに、今でも深い感慨を覚えますとともに、より一層喜んでいただくため、努力を重ねていかなければならないとの想いを強くいたしております。

また、永年の和装染色の中で蓄積したデザインや技術を用いて、和雑貨の製造販売もおこなっております。ここにも、体験工房を立ち上げた時の、染色の世界を知っていただきたい、染色やデザインをより身近に感じてもらいたい、というのと同じ想いがあり、一点一点真剣にものづくりに取り組んでおります。

さて、弊社は大正時代の京の町家を再生した「京町家 繭」を運営しており、この中に工房を構えております。
最近でこそ、訪れる人をほっとさせる居心地の良い空間として、町家の価値が見直されていますが、平成十二年頃、周辺の京町家がどんどん失われていく中で、どうにか保存に取り組みたいと考え、今のような複合施設に再生させました。

本当は全面的に建て替えた方が簡単でした。しかし、それでは町家自身だけでなく、京都という地域の良さまでもが失われるような気がいたしました。
再生の道程は困難の連続でしたが、多くの方々の尽力に支えられて、素晴しい施設へと生まれ変わりました。

「京町家 繭」は観光の方も、地元京都の方も、ふらっと立ち寄れる空間です。雰囲気までを含めた、私共の"作品"を是非ご覧にお越しください。「京町家 繭」はいつでもあなたを歓迎いたします。

最後に、これからもお客様に喜んでいただけることを最優先に、精進を重ねてまいりたいと思いますので、今後ともご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

有限会社 丸益西村屋
伝統工芸士 西村 良雄

ページの先頭へ戻る