模様のおはなし

日本の伝統文様にはそれぞれのモチーフに応じた意味が込められています。
『繭』は伝統文様の意味を大切にしながら、日常に溶け込む商品づくりを心がけています。

日本を代表する花である桜。一斉に咲いて一斉に散るため、「散り際がいい」という侍精神と結びつき、「花は桜木、人は武士」という言葉も。

枝垂桜

枝がやわらかく、優美に枝をしならせる滝のような姿の枝垂桜。はかなげで妖艶な印象から、着物の模様としても広く使われます。

小紋桜

桜は平安時代以降に文様として広く用いられてきました。小さな桜の花を一面に散らした文様は、「江戸小紋」という着物の染め方における代表的な柄の一つです。

花筏

水面に散った花びらが連なって流れている様を筏(いかだ)に見立てて「花筏(はないかだ)」と称します。

梅小紋

梅は奈良時代以前から文様として使われていました。学問の神様として有名な「菅原道真」が愛した梅、入学や卒業の記念にも最適です。

槍梅

梅は昔から日本人に愛されてきた植物の1つです。「槍梅」とは、枝が槍のように真っ直ぐに伸びた様を表したデザインで、梅の若枝の直立する様子を写したようです。

梅が枝

日本では冬から春になり、一番早く咲く花として、梅に運命の向上の意味を持たせたりします。奈良時代より以前には「花」といえば桜より梅を指すことの方が多かったようです。

撫子

なでしこは秋の七草のひとつで、8・9月頃、淡紅色の可憐な花を咲かせます。控えめでおとなしい日本女性の理想の姿を「大和撫子」と言ったりします。

秋草

桔梗(ききょう)・萩(はぎ)・撫子(なでしこ)・菊(きく)など秋の野に咲く草花を文様化したものです。季節を一足早く取りいれて、夏の着物や帯の柄によく使われます。

吹き寄せ

様々な木の葉が風に吹き寄せられた様を表し、これに梅や桜の花などを添える場合もあります。その風情のあるネーミングから、和菓子や日本料理の名前になることも。

椿

椿は厳しい冬に終わりを告げる木として、悪霊を払う呪力があると考えられていました。茶道でもたいへん珍重され、「茶花の女王」との異名もあります。

花菱

菱型になった花を整然と並べた文様。四弁の花を菱形に配置して描き、有職文様の一つとして公家など一部の人たちだけが使うことを許されてきました。

竹は、松や梅とともに冬の寒さに耐える植物として、中国から日本に文様が伝わりました。その風情の美しさから詩歌に詠まれたりもされてきました。

雪輪

雪の結晶の形から生まれた文様。野山の草花をはぐくみ、秋の実りをもたらすのに雪溶け水が欠かせないことから、雪輪は吉祥文様とされています。

とんぼ

姿の勇ましさと、まっすぐ前にしか飛ばないことから蜻蛉(とんぼ)は武士に好まれました。文様の世界では「勝虫」と呼ばれ、立身出世、必勝祈願などの意味を込められることも。

毬と糸巻き

古来より毬(まり)には魔を祓う意味があり、また織物の道具である糸巻きも、神聖なものとして扱われ、共に吉祥文様として用いられてきました。

市松

歌舞伎役者の初代佐野川 市松(1722-62)が舞台でこの文様の袴をはき、爆発的に流行しました。石畳模様とも呼ばれます。

麻の葉

麻の葉に似ることに由来します。どこまでも広がっていくことから、縁起が良く、また、麻は丈夫で真っ直ぐに伸びることから、子供の産着に用いる習慣があったそうです。

荒波

荒れて大きく逆立つ波は、さまざまに形を変える様子が美しく、また、寄せては返すことから、永遠・長寿・誕生などを意味する文様です。

立涌

立涌(たてわく)文は、2本の曲線で水蒸気が涌き立ちのぼっていく様子をあらわしています。公家の装束や調度などに用いられたり、また、能の装束などにも立涌文が見られます。

ページの先頭へ戻る