京友禅体験 : 京友禅入門コース

お気軽体験 : 短時間で気軽に楽しく体験

仲間と楽しく、気軽に友禅染体験ができます。

「摺込友禅」という技法で、型紙とハケを用いてハンカチ、扇子、風呂敷、ブックカバー、巾着などに絵柄を染め入れることができます。
京都旅行の思い出として気軽に友禅染を体験したい方や、仲間と楽しく作品作りをしたい方に特におすすめです。

開催日 毎日(1/1~1/3を除く)
開始時間 9:00~17:00(体験終了は19:00まで)
体験時間 1~1.5時間
定員 250名(1名から予約可)
ご予約・お申し込み

体験の動画

京友禅体験工房を動画で紹介しております。ぜひご覧ください。

ご予約・お申し込み

体験の工程

工程1

京友禅入門コースで体験できる「摺込友禅」とは、型紙とハケを用いて生地の上に絵柄を染め入れる技法です。
工房に到着されたら、作りたい品物を選んでください。ハンカチ、扇子、風呂敷、ブックカバー、巾着などたくさんの種類をご用意しています。

工程2

品物が決まったら、品物に合った大きさの型紙の中から、好きな絵柄を選びます。
型紙は花、動物、魚、文字など何百種類もご用意しています。

工程3

所定の板の上に生地を広げ、生地の上に型紙を乗せます。
型紙は1枚で完成する1枚型から、5枚を順々に重ねて完成させる5枚型まであります。型紙が複数枚でセットになっている場合は、同じ位置に合わせて交換していくための印も付けておきます。

工程4

ハケに染料をつけます。
この際には染料はほんの少し、豆粒ひとつ分程度で十分です。

工程5

ハケに取った染料をハケ全体に行き渡るようのばします。
ちょうど、ハケにとった染料をこすりとるような格好になります。

工程6

型紙の上にハケをのせ、染料を摺り込んでいきます
ハケは型紙に対して垂直に、円を描くようにするのがコツ。力をいれず、あくまで摺り込む回数によって濃淡をつけてゆきます。

工程7

一枚目の摺り込みが終わりました。
1枚型の場合はこれで1つの絵柄が完成ですが、2枚目がある場合は、同じ位置で2枚目の型紙と交換します。

工程8

2枚目、3枚目と重ねていくことで、だんだんと最終的な絵柄に近づいていきます。

工程9

摺込友禅の完成です。

工程10

完成した品物は一部仕立てが必要なもの等を除いて、その場でお渡しできます。
帰宅されたら生地に合った温度でアイロンがけをしてからお使いください。(ポリエステル(ちりめん)=低温、綿=中温、麻=高温。いずれもあて布をして、ドライで。)

備考

  • 扇子加工は30~45日掛かりますので、後日配送でのお届けになります。また、加工工程又は輸送中、破損等生じる場合があります。作品送付が出来ない場合は、代替品をお送り致します。
  • 要予約。ただし当日予約も可
ご予約・お申し込みはこちら
関連するコンテンツ
京友禅の豆知識
このコースもオススメ
浴衣・アロハ創作コース
藍染めTシャツ創作コース
風呂敷包み方レッスン(6種)と友禅染体験コース
お箸&京友禅のお箸入れ作り体験
京友禅体験工房
  • ご予約・お申し込み
  • 教育(修学)旅行・団体旅行のお客様
  • 体験教室見比べ
  • 体験工房とスタッフの紹介
  • 親子で楽しむ友禅染体験
  • お名前型紙作りませんか?
  • 京都土産 布和雑貨
  • お客様の声
  • 携帯電話対応ページ - クリックするとメールでURLを送れます!

ページの先頭へ